チキチキVMX17

もはやわが家の恒例行事となったチキチキVMX猛レース。
今回で開催17回目、わが家での参戦7回目。

朝3時に起きて顔洗って、借りてきた軽トラに荷物を放り込む。
DTはすでに昨夜のうちに積んである。奥様は米を炊いてわっぱに詰める。ふりかけご飯でも炊きたてなら、買ってきたオニギリより断然美味い。今日はカセットコンロも積んで、レトルトのバタチキカレーとシュウマイなんかも持っていく。もはや遠足だな。

5時30分の会場入り目指して関越道を飛ばす。川越ICで下車。
今回は耐久でいつも助っ人してくれる山ちゃんも、スプリント走りたいとマイバイクを購入してエントリー。そらそうだよな。

すでに現地到着してた彼と合流し、会場入りしてパドック奥に陣取る。

到着した時は寒かった。もうすっかり初冬の様相。

次第に陽が昇ってきてコースを照らす。

みんな今日のために整備した古いマシンを下ろして、あーでもないと談笑しながら準備していく。いつもながらこの雰囲気がたまらなく好きだ。

TRIUMPH RIOT 主宰、トライアンファーさんの笑顔はいつも最高。もうすぐ52歳のお誕生日だそうで(若すぎでしょ)。

千葉の鈴木さん、震災にもへこたれない。

元ホンダのプロダクトデザイナー、RC30やSPADAの生みの親(!)中村のおじさん。

本当にみんなカッコ良いぜ。順位なんて二の次、楽しんだもん勝ちがチキチキの真髄なのである。

僕らも受付を済ませて、トランスポンダ(計測器)をマシンに付ける。

まずは10分間の練習走行で、今日一番の難所を味わう。

コース最奥のワダチがかなりの深さまで掘れていて、ここはなかなか難航しそう。でもちょっとエンデューロ感があって、むしろパッシングポイントになるやもしらん。昔取った杵柄を発揮できるか。凶と出るか吉と出るか。

ホーリーさんのブリーフィング(これも和気藹々)。

被災地への1分間の黙祷があって、70歳以上の大先輩たちが紹介される。このお歳で泥遊びを楽しんで、しかも速いってんだから手に負えません。こんなじじいになりたい。

さて、まずはスプリントのヒート1からスタート。

3レース目に奥様の出番、「レディース&キッズ」。

今回は可愛いちびっ子がたくさん出てて、ファクトリーベアのジャージとかたまらん萌え。

QRであの深いワダチを走りきれるのか?すごく不思議だったけどみんなちゃんと戻って来た。純粋な目にしか見えない幻のラインがあるとか無いとか。

奥様、今回も大人げなく本気出して上位に食い込む(笑)。

で、いよいよわれわれの「トレール&レゴラリータ2」。

昨日の友は今日の敵。フルグリッド25台のハンドル当たりそうな鍔迫り合い。

緊張感ゼロ。

星に願いを(笑)

どーん。

スタートはまあまあで、山ちゃんより先行するも呆気なく抜かれ、なんとか食らいついて行ったけどやっぱり速い。

待てー!(後)

チェッカー。

追いつけず。完敗でした。くそー。でも楽しい♪

サイコーでしたな。

ヒート1が終わって80分耐久、オトナの大運動会へ。

今回のゲストライダーは、Lawrence元編集長でクリエイティブディレクターの二上さん(右)。うちの奥様にお仕事を頂戴しております。5年ぶりのモトクロス。オフロードビレッジは昔よく走ったとのこと。

KAWASAKI Z1000でドーンと登場して、初めましてとご挨拶。
ああ、この人は、きっと経験値の引き出しがハンパじゃないぞっていうオトナの笑顔。そのお友達の中村さん(ラリースト)も、キャンプ帰りにKTM640ADVで観戦に来てくれた。

じゃあ、とりあえず乗って乗ってと促して練習走行へ。

めっちゃ楽しそう(笑)。

いつも通り「疲れたらテキトーに交代ね」というファジーな取り決めだけしていざ行かん。

まずはうちの奥様と山ちゃんからスタート(堀口さんカワイイ)。
いつも後ろからなので、ちょっと早めに行ってローリングスタートも先頭集団に紛れ込む。

淡々と周回を重ねて二上さんにチェンジ!

うほーい!と満面の笑みで走り出す。来たままの格好だけど、下にはしっかりプロテクター。

5年ぶりのモトクロス、その走りはオトナの余裕があって何より楽しまれておりました。

DTに持病のオーバーヒート症状が頻発してて、ちょっと乗りにくかったはず。申し訳ない。これもビンテージってことでご勘弁を。

山ちゃんから交代サインが出てスタンバイ。

白DTに乗る。

2台入り乱れてワイワイと。

ワダチに奥様が捕まって、身動き取れないようなので止まってヘルプ。二人で泥の中、押しでコース外へ。エンジンかからず押しがけして、体力の水瓶は空っぽに。奥様を再出発させてからなんとかコース復帰。もうおいらへろりんちょ。

その後も押しが入ってヘロヘロになりながらも、2台とも無事完走してうぇ〜い!と。

やったねー。順位は下位だけど、もちろんそんな事はどうでも良いのです。

即席チーム、HORAI 551 & 一ノ宮(138)。無事チェッカー。

いやあ、最高に疲れたけど最高に楽しかった。ちなみにワダチセクションはみんな手こずっておったね。

中村さんは旅の続きへ。

お昼は『バタチキカレー、蒸しシュウマイを添えて』を仲間にふるまって(美味い)しばしの休憩タイム。

午後の部。

奥様のヒート2。

われわれもヒート2。

バタチキパワーで体力回復して攻める!

ちなみにワダチはこれくらいの掘れっぷり。

コレ嫌いと中村さん。

バタ足でクリアや!

Oops!

体力削られまくり。

はい。そんなこんなで試合終了。

めちゃくちゃ楽しかったすね。

雨が降る前に二上さんはご帰還。また遊びましょー!

完全燃焼して表彰式へ。

結果、スプリント総合。レディース&キッズ、奥様3位!

トレール&レゴラリータ2、山ちゃん4位!わたくし6位!

辛くも表彰台に滑り込む。
IBレディースと2ショット狙いの6位ですとも。

みんな賞典に絡めて言うことなし!

じゃんけん大会はパークリもらって言うことなし!

井上ボーリング社長、井上壯太郎氏も表彰台でこの笑顔!

てゆーか、いつも笑顔!

TRIUMPH RIOTの告知聞いて(もちろん笑顔!)

ゆるゆると解散し、家路について奥様と居酒屋に行って祝杯。

今回もしっかり楽しませていただきました。
ホーリーさん、スタッフ関係者の方々、参加者の皆さま、ありがとうございました。

やっぱ楽しすぎるぜVMX。