Ooni Kodaであーだこーだ

Ooni Koda、その後。

書かなかったけどけっこうな枚数を焼いている。未だ満足いく出来にならず。

温度感やタイミングをまだ掴みあぐねてる感じか。温度計もあった方が良さそう。あれから追加購入したのは小型のパーラー。炉内でピザを回転させるためだけど、この動作も慣れないと難しい。柄が短いので熱くてかなわん。ooniのパーラーで一度出して手で回転させて戻すか、小型パーラーの柄を延長させて炉内で回すか、いずれにせよまだまだ精進が必要。

自家栽培バジルは、どうにも可愛いサイズしか生えなくなった。

焼成時間は電気窯に比べてかなり早い。感覚ではおよそ90秒。英文のマニュアルには15分プレヒートしてから入れやがれみたいに書いてある(たぶん)のでそうしてるが、適温なのかよくわからん。火の通り方はやっぱりなんというか強烈。焼き過ぎると当然固くなって美味しくない。

とんでもない大失敗も何度かやった。
穴が空いて具材が炉内に残り炭化するまで燃やしたり、生地がくっついて二進も三進もいかなくなり、パニーニみたいに折りたたんで無理やり放り込んだりした。何事も一朝一夕にはいかん。めげるな、オレ。

以前も書いた、友人宅でのワイン会がまたあって、鼻息荒く3枚焼いたが大失敗の巻。一枚はボロボロ、他の二枚も縁を焦がす。自らの戒めのために公開。

食べられそうなところだけ持って行ったんだけど、ピザグルマンの友人はすぐに見抜く。

「前回の方がうまい」

僕自身もそう思う。なんだか見透かされたような恥ずかしさ。穴があったら入れたい。
これは窯の違いや焼きの失敗という話ではなく(それもあるけれども)、ホシノ天然酵母を使ったから。誤解なきようにいえば、ホシノ天然酵母だって天然酵母だし充分美味い。でも白神こだま酵母と食べ比べてしまうとまるで劣る。

粉はいつもの江別製粉はるゆたか。酵母の違いだけで味はこうまで変わる。わからないんじゃないかと思ったけど見抜かれた。今後は扱いが難しいけど、白神こだま酵母一択と誓った夜なのであった。

 

 

 

 

4件のコメント

  1. 確かに、庫内が狭いので、事実上中で回転させるのは無理だと思いますね。
    私はOoni純正の下敷きみたいなパーラを使っています
    それで少し引き出して指先で45度なり90度回転させて戻す、
    というのがスムーズと思っています。

    1. やじまさま

      こんにちは。焼いておりますか?
      確かにooniのパーラーでは一度出さないと回せないんですが、少し小振りのヤツで練習すると、炉内でなんとなく回せるようになってきました。柄が短くて焦るのが難点ですけど。できれば中で回したいんですよねえ(笑)。それにしても、奥と手前の温度差をまだうまくコントロールできません。投入時は火力MAXにしてますか?
      コメントありがとうございます。

      1. ちょこちょこですね。
        あまりやると家族が飽きてしまいますので。笑

        投入時はMAXですね。各焼成間はガスがもったいないので弱めて、
        次の生地を伸ばしたりの直前にMAXにして焼き終えたら弱めるイメージです。
        正解かわかりませんが、特に問題なさそうです。

        1. やじまさま

          なるほど。多少火力の調整はしてるんですね。
          でもあのツマミ、ガチャっと押し回しで点火して、戻す方向で火力アップですよね?普通の感覚だと逆なんですが、欧米とかではそうなのかしら。
          炉床の温度が知りたくて、デジタルの赤外線温度計買いました(笑)。MAX550℃までいけるやつ。
          まだ使ってないですけどどう変わるか楽しみです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。