あの日あの時あの場所で 〜千葉 房州らーめん

新年会の飲み疲れも抜けた三連休最終日、暖かな冬日和に誘われて久しぶりにツーリングへ。三浦半島か房総半島か迷って温暖な房総へ。林道か食事か悩んで、勝浦で担々麺でも食べるかと、ワイドグライドを出して9時過ぎに出発。

第一京浜を川崎へと向かう。
『成人のつどい』と書かれた横断幕のある総合体育館の脇を抜けると、この日とばかりに着飾った若者たちでごった返していた。そうか、今日は成人式なんだな。
パカッパカッとハザードランプをつけた車の列から新成人たちが降りてくる。君たちの未来に幸あれ。ついでにオレにも幸あれ。左車線の渋滞を抜けてアクアラインへ急ぐ。

出発が遅かったこともあって、海ほたるには寄らずに進もうかと思ったが、条件反射的にパーキングに滑り込む。まあ、トイレ休憩くらい挟むかと2輪の駐車スペースに寄せると、見覚えのある白いスラクストンが。

「あ。」

周りを見回すも当人の姿はない。何から伝えれば良いのかわからないまま時は流れて、おもむろにスマホを取り出してLINEする。

おなじみ「Nmindさん

一切打ち合わせていないのに、いろいろな要因が重なっての遭遇。女性だったら恋に落ちても不思議はない。すごくない?と言いながらどこに向かうか聞いたら「はまぐりラーメン」を食べに行くというではないか。坦々がはまぐりに変わったところで何ら問題ないぜひご一緒しましょうとなって、南房総までランデブー。

晴天なり。

彼の先導で館山道を富津中央で降りて、県道88号をくねくねと南下。日差しもポカポカで絶好のツーリング日和。長閑なワインディングをのんびりと流す。清流を泳ぐ鮎のように、ゆるゆると。

一気に「道の駅三芳村」まで走る。ビンゴバーカーで有名なあそこである。

ラーメン前なのでさすがにハンバーガーはいかない。

「少し休憩しましょう」といって店内へ。
甘味メニューを見てNmindさん、おもむろに「きな粉ちゃん、ひとつ」とオーダー。おお、ラーメン前にスイーツいくんか。

うーん。
ならば、郷に入っては精神で(?)僕は抹茶ソフト。濃厚でうまい。

きな粉とかアンコとか和菓子に目がない氏。酒好きの甘味好き、って同志やんか。

そこから20kmほど南下して、Pizza Indy’sを横目にいよいよ着きました「房州らーめん

店内はザ・昭和。思ったより空いてた。

僕は最初からはまぐりラーメンを。彼は伊勢海老ラーメンをオーダーしたけど、今日はもう売り切れとのこと。二人ともはまぐりにして、ひじき餃子も一人前頼む。15分ほどで着丼。

大ぶりなはまぐりが3個どどんと主張する。小ぶり1個のオマケ付き。具は他にチャーシューとメンマ、海苔。まずは透き通る黄金色のスープをひと口れんげにとってズズズと啜る。

「あーうまっ!うんま!うま!」

これまで魚介系のラーメンというと、オクタン価の高い冬のライダーには上品すぎるあっさり出汁のスープか、やたらと魚介だけが主張してくるバランスの悪いものが多かった気がするが、このスープは美味しい。しっかりと旨味があるけどクドくない。伊勢海老とはまぐりから取った上質なスープ。

合わせる中太ちぢれ麺がまた美味い。はまぐりもふっくらジューシー。

ひじき入り餃子もクセがなくイケる。

スープも飲み干して満足。みんな満足だよね。

ごちそうさまと言って店を出る。これまで食べた海鮮系ラーメンでは一番好きかも。

目的は達成。さあ次行こう。

そのまま海沿いを白浜に向かって南下。

最南端まで来ると、景色も海の様子も大きく変わる。ぎんもっちイイー!

工事中だけど白浜フラワーパークで休憩。

なんかある。

地震による隆起とか。

神社もあるよとか。

うーみー!

久しぶりに南房の海。やっぱり良い。昔はここに波ばかり撮りにきた。

こっちでも撮る。

撮る!

撮る!

神社に登って弁天様にお参りしたら

見晴台の駄賃。

楽しいねえ。

「道の駅きょなん」で一日欲していた美味いコーヒー飲んで(期待してなかったけどめちゃ美味かった)。

帰りはバビューンと高速移動。

渋滞の始まったアクアラインに滑りこむ。

暮れなずむ空。いちにち良く遊んだねえ。

海ほたるに飛び込んで、今まさに沈みゆく夕陽。

二人で缶のおしるこ飲んで解散。最後も甘味で〆る。

完全ソロだと思ってたツーリング、予期せぬ出会いがあって何倍も楽しめました。
最高の初乗り、ありがとう!