18年目の車検 〜FXDWG

ワイドグライドを車検に出す。15年来懇意にしてるメカニックにお任せする。18年目になると、重量税がわずかに上がると言われる。大した値上げではないけれど、物を大事に永く使うほど税制上は疎ましがられるとは。

いい大人のくせに恥ずかしい限りだけど、ワイドグライドはそのままではきっと車検に通らない。マフラーを純正にしたとて、テールランプが小さかったり、フロントブレーキスイッチが無かったり、反射板もグラブバーも無い。ナンバー灯だってあやしいもんだ。チョッパーといえば聞こえは良いが、単なる整備不良である。重々承知している。「バイク屋さんにもお金落とさないとね」なんてもっともらしく言ったところで、単に面倒くさいだけである。駄目な大人でごめんなさい。

フィルターとオイルはすべて交換。ブレーキフルードの交換も基本メニューにあったけど、「必要?」「いや大丈夫っす」という短いやりとりの結果最低限のコースでお願いする。

「一応タイヤ交換の値段聞いとこうかな」
「うちだと高いからいつもどおり○○に頼んだ方がいっすよ」
「やっぱり?」
「もう全然。うちの原価っすもん」

欲がないというか何というか、見積りすらしてくれんのか。たまには手土産でも持っていくぜよ。

 

一緒にセローの自賠責保険も加入する。反してこちらはかなりの値下げ。2年で10,000円、4年で15,000円といわれたらそりゃあ4年入るでしょう。セローは鉄クズになるまで乗るつもりだし。